電子タバコとは

紙巻きたばこの問題点としてよく言われるのが、匂いと煙です。たばこを吸わない人からすると大変気になるこの問題ですが、電子タバコは加熱した水蒸気を吸い込むものなので紙巻きたばこ独特の匂いと煙がありません。ここでは電子タバコのメリットやデメリットを紹介したいと思います。

電子タバコのメリット

電子タバコはリキッドを電気の力で気化させ、その水蒸気を楽しむものですが、国内で販売が許可されている電子タバコのリキッドにはタールやニコチンなどの物質は含まれていません。そのため従来の紙巻きタバコに…

Learn more

電子タバコのデメリット

電子タバコを使用するためには充電が必要です。これまでの普通のタバコであれば必要がなかった手間が増えるため煩わしく感じる人もいるでしょう。また、充電が切れたらタバコが吸えないため、常に充電器を持ち歩…

Learn more

電子タバコの将来

紙巻きたばこのデメリットを改善した電子タバコですが誕生からそれほど時間がたっていません。電子タバコはこの先、愛煙家にとっての救世主となるのでしょうか?ここでは電子タバコの将来予想と発展のために必要なことを考えていきたいと思います。

電子タバコに未来はあるのか?

新たな趣味としての電子タバコ

将来のためのルール作り

電子タバコの種類

そもそも電子タバコとは?紙巻き、加熱式との違い

近年、従来の紙巻きタバコだけでなく、電子タバコ、加熱式タバコを愛用する人が多くなってきました。筆者の周りでも、紙巻きタバコから電子タバコや加熱式タバコに変える人が増えてきています。なぜそういった人が多くなったのでしょうか? そもそも電子タバコとは、専用のリキッドを電力で加熱し、発生する蒸気を吸うものをいいます。紙巻きタバコや加熱式タバコとの大きな違いはタバコ葉を使用していないという点です。また、現在国内で販売されている電子タバコのリキッドはニコチン、タールが含まれておらず、さらにリキッドによって様々なフレーバーを楽しむ事ができます。そのため、元々喫煙者でなくても電子タバコを始める人や、禁煙目的で電子タバコを購入する人もいます。 現在、電子タバコは様々な種類の物が販売されています。これから始めようとしている人は、コスパや機能性などを考えて自分に合ったものを選ぶ必要があります。

電子タバコの種類とそれぞれのメリット・デメリット

・リキッド式 自分で本体にリキッドを注入するタイプの電子タバコです。 様々な種類の中からリキッドを選ぶことができ、煙量なども調節する事ができます。定期的にメンテナンスが必要というデメリットがありますが、長期で使用するならばこのタイプが最もコストを抑えることができます。 ・カートリッジ式 本体のカートリッジを付け替えてリキッドを交換するタイプの電子タバコです。メンテナンスの手間がなく、手軽に楽しめるのが利点です。しかし、本体に対応するカートリッジしか使用できないため、リキッドの種類は限られてしまいます。 ・使い捨てタイプ リキッドを使い切ったら本体ごと交換するタイプです。充電等も必要なく、一番手軽なのがこのタイプです。しかしカートリッジ式と同じくリキッドの種類は少なく、この3種類の中では最も割高になります。 このように、電子タバコには種類によって特徴が異なります。自分の目的に合ったものを選びましょう。